サロベツ湿原周辺野鳥観察会、平成26(2014)年10月4日(土)午後
 当初は10月4日に湿原保全ボランティア活動を行う予定でしたが、雨模様で風も強く、作業が不可能と思われたため、急きょ野鳥観察会に変更し、湿原の南に広がる牧草地に飛来しているオオヒシクイを観察してきました。
野鳥観察会参加の皆さん
オオヒシクイの数は多くはありませんでしたが、楽しめました。

天候も回復し始め利尻富士も姿を見せました。